CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< はじめまして。 | main | ○募集○ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    12月10日(金)ミーティング内容
    0
       次回行う企画は、4月の新入生歓迎のオリエンテーション期間に、大学の施設を借りて展示を2、3日行ない、その最終日にショーを一回行う、というものです。
        大学のオリエンテーション実行委員自体がまだ発足していないので、詳細は未定ですが、時期としては4月の第二週目、4日〜8日あたりになると思います。詳しい日程などは、1月の初旬に改めて報告します。

      □今回のミーテイィングで決まったこと□

      *分担分けをしっかりする 
       →おおまかに、ショー企画チーム、展示企画チーム、衣装製作・デザインチームに分かれ、それぞれにリーダーを固定し、各チーム連携しながらも基本的には別途に作業を進めていきます。
       
       今のところ決まっている分担は、
       ・ショー企画チーム(リーダー:一回生) じゃー
       ・モデルチーム(リーダー:藍ちゃん) 
       ・展示企画チーム(リーダー:ちえもん) うめちゃん
       ・衣装製作・デザインチーム(リーダー:もも)
       ・広報(フライヤー、パンフレットなどの配布)
       ・会計

      です。

      *ショーと展示の統一にはこだわらない
       →ショーを見る人は先に展示を見ているとは限らない、展示の見せ方、ショーでの見せ方は違いがある、ふたつを統一させ、併行して進めていくのは難しい、などの理由からです。

      *ターゲット・顧客は新入生であることを念頭におく


      □次回ミーティングで決めること□

      *テーマを各自出し、議論した後数個に絞る
      →次々回ミーティングで決定

      *展示企画チーム、ショー企画チーム、衣装製作デザインチームに別れ、今後の計画、ミーティングの日程などを決める



      □連絡□

      *ミーティングの日程を次のように変更します。
       ・12月30日を12月26日、忘年会の前に変更
       ・1月10日を1月11日に変更
       ・3月1日に追加(2月は30日がないため)

      つまり、今後のミーティングは12月20、26、1月11、20、30、2月10、20、3月1、10、20、30・・・です。
      これらのミーティングはあくまで全体統一のミーティングであり、各自チームのミーティングが必要であれば、次回別途に話し合って決めてください。

      *今回のイベントの参加者は、 【ちえもんに12月18日】  までに必ず連絡してください。
       その際、自分が何のチームを主として参加するかも教えてください。もちろん一つの役割に絞る必要はありませんし、参加出来る範囲が限られている人でも、自分が、どれくらい参加することが出来るのかを話してもらえれば大歓迎です!
       
      *ショー企画チームのリーダーを一回生に任せたいと思います。一回生で、次回20日のミーティングまでにリーダーを決定して、ちえもんに連絡してください。
       →仕事については上回生もサポートします。人数は一人か二人で。



      □反省□
       今回はミーティングの参加者が少なく残念でした。ただ、普段はあまり話さない人の意見を聞くことも出来ました。
       一回生は上回生に遠慮しているということもあると思いますが、色んな意見を出し合った方が企画もどんどん良くなると思います。上回生もきちんと聞くようにするので、積極的に発言するようにしてください。


      以上です。質問等あれば何でも聞いてください。





      | ミーティング | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:59 | - | - | pookmark |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://m2gk-press.jugem.jp/trackback/3
        トラックバック