CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 3/13 show 会場 時間 諸注意 | main | 3D Fashion show!! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    no title
    0

      初めまして!M2gk1回の井上すみれです!


      私も初めてのブログの内容にとても迷ったのですが、先日、森美術館で開催しているイ・ブル展に行き、“理想”について考えたので、そのことについて書こうと思います。


      イ・ブルは、韓国を代表する現代アーティストです。

      彼女の作品は、多様な素材や技法を駆使した立体が基本です。


      彼女が表現する完璧な身体、人間を超えたサイボーグ、現実では有り得ないようなキラキラ輝きながらも崩壊しそうな建築から、"届かない程の理想"を感じ、現実は理想には到達できないという気持ちが伝わってきました。


      人間は、理想の身体や都市を追求するけれど、絶対に理想にはたどり着けない。それが「理想」である。ということを思い知らされる作品でした。


      理想とは、手の届かないものなのにどうして夢見てしまうのかな。


      ファッションも、こうなりたい!という理想に近づく為にあると思います。


      お気に入りの服を買ったり、化粧をしたり髪を染めたり、お洒落をするのも、こうなりたい!という理想に近づくため。


      昔の人は身体に害があるのを分かっていても、化粧の為に顔に鉛を塗ったり、理想のスタイルに近づく為にウエストを思いっきりコルセットで締め付けたり‥


      いつかどこかにいけば、理想を追い求めずにすむのかな。人ってどうして理想を追い求めるのかな。私は彼女の作品から、そのような事を考えました。


      今回のファッションショーでは、沢山の人が意見を出し合って、“理想”を追求し、理想を追い求めることの難しさと、その価値に気づきました。


      これからも成長できる様に頑張ります☆

      | - | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 00:13 | - | - | pookmark |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://m2gk-press.jugem.jp/trackback/53
        トラックバック