CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 3D Fashion show!! | main | Welcome party >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    ..............
    0
       

      こんにちは!はじめまして!M2gK1回生の加藤です。パトラです。
      M2gKでは主にクリエーターをさせていただいていて、
      たまにモデルもさせていただいています。

      M2gKをより多くの方に知っていただこうということで
      毎週交代制でBLOGの更新を行っている訳なのですが、
      ほかのメンバーが書いているように何をかいたらいいかなかなか迷います。

      先日大阪の国立国際美術館で行われている草間彌生展にいきました。



      草間彌生さんについて(国立国際美術館HPか引用)

      <幼少期の幻覚体験が元となり、十代から絵を描き始めた草間は、以後、70年以上にわたって網目や水玉のパターンが無限に増殖する作品を作り続けてきました。
      特に1957年から15年間にわたるニューヨークでの活動は、草間の作品が現代美術の最先端の表現として、世界的に注目を集めるきっかけとなりました。
      作品も絵画だけではなく、彫刻やパフォーマンスへと広がり、それぞれのジャンルで独自の表現活動が展開されていきました。
      こうして世界的に注目の集まる中、草間は2004年から、
      驚異的な創作意欲を傾注して、まったく新しい平面の仕事に取り組みます。
      「愛はとこしえ」と、それに続く「わが永遠の魂」の連作です。
      無限に湧き出る連鎖的なイメージを即興的に描き出した両シリーズは、
      子どものように自由で楽しい想像力に溢れながら、同時に草間自身の内面世界が噴出したような、今までに見たこともない作品群となりました。>




      作品はどれも印象的でみる人にさまざまなことを訴える作品ばかりでした。白と赤のPOPな空間にいてとても楽しかったですし、元気をいただき思い出に残るものになりました。部屋いっぱい飾られる彼女の作品から私は生死について考えさせられ、大げさかもしれませんが、生きるパワーをもらえたきがします笑。
      4月8日までと残りわずかですが、大学生は学生証の提示で1000yenと安くはいれるのでまだいかれてない方は是非行ってみてください。美術館の入り口からこっており、写真をとっていいスポットも多く、とても楽しいと思います!






      話は変わりますが関西大学に入学してから早一年。。。あっというまですね。もう4月から2回生です。後輩ができるうれしさと一番年下ではなくなる寂しさと両方あります笑。。

      M2gKでもメンバーを募集しています。


      関西服飾研究会M2gK
      現在や過去の様々な事象を取り上げ、それらの事を分析し、
      ファッションショーを通して、
      一つの哲学を発信していくサークルです。


      dress desighner
      hair desighner
      nailist
      make up artist
      video editor
      model's
      DJ
      interior desighner
      photographer

      などにより、伝えるファッションショーを作り上げていきます。


      ショーだけでなく、スタジオでの撮影、個展、club等でのevent・party企画、、etc
      そのクリエーションの可能性は無限大です。

      4月9日にWelcome Partyを兼ねて花見をします。新入生のかた、服飾に興味のあるかた是非参加ください。よろしくお願いします。

      | その他 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:31 | - | - | pookmark |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://m2gk-press.jugem.jp/trackback/55
        トラックバック